ティーネットジャパンに関するブログ

ティーネットジャパンという会社を書いてみました

お引越し

今年に入り、ティーネットジャパンの東京支社が、移転となりました。

今までは、芝大門の自社ビルだったのですが、昔の東芝ビルに移りました。

img_2530.jpg

1999年(平成11年)に芝大門のビルを購入して約15年、事務所を移すことになりました。

古い人間からすれば東京支社は、浜松町を降りて東京タワーに向かっていくというイメージでしたが、今度からは、全くの逆方向へ進むことになります。

確かに、部署を跨いだ話をするのに、階を登ったり下りたりするのは大変だったので、ワンフロワーになったのは、とてもいいことだと思います。

また、ティーネットジャパンのイメージもこれにより大分変ってくるのではないでしょうか。

しかし、沿革の欄の最後に「5月  株式会社さぬき狸屋を合併」てのを発見したのですが、ティーネットジャパンは、いろいろなことをしているとは思ってましたが、まさか、うどんにまで手を出すとは。

香川県、うどん県、侮れません。

浜松町に2店舗ほどあるようですので、行く機会があれば試してみます。

うどん県のうどん、ハードルが高くなってますが、たぶん大丈夫でしょう。

  • Filed under:
  • 懇親会

    ティーネットジャパンの東京の拠点は、芝大門にあるTNJ東京ビルです。
    JR浜松町駅から徒歩15分、都営地下鉄三田線御成門駅から8分くらいのところにあります。

    毎月、技術者を集めての勉強会と懇親会を兼ねたイベントを行っています。
    会場は、事務所から近くの場所ということで、三田にある区の施設などを利用していました。
    技術者たちは、それぞれの現場に入っての業務のため、なかなか事務所に来ることができず、同じ社員でも全く顔と名前が一致しないこともあります。
    そんな技術者のために、毎月会合を設けているわけです。

    夜は、懇親会へと流れていきますが、昨今では、飲みの席が減ったと言われていますが、ティーネットジャパンの文化としては、飲みにケーションが大事でした。

    飲みにケーションに関しては、賛否はあると思いますが、同じ釜の飯を食うではありませんが、やっぱり、同じ時間をおいしい料理とお酒で楽しく過ごすというのは、親睦を深めるにはいいことだと思います。

    東京の事務所の場所柄、歩いて新橋に出ることもできます。
    歩くには、ちょっと大変だったかもしれませんが、楽しいお酒のために、えっちらほっちら歩いたものです。
    お酒が入ってしまえば、楽しいお酒となる、本当にアットホームな会社でした。

  • Filed under:
  • 転職について

    最近、仕事が面白くて残業も進んでやっています。

     

    私の仕事であるシステム開発はお客さんの希望のシステムを納期までに作り上げるので、

     

    締め切り手前は本当に忙しいです。

     

    最近は責任ある仕事を任されるようになり、ますますのめりこんでいます。

     

    しかし、一つ大きな問題があります。私の実家は四国なのですが、両親と大学を出て東京で就職をする時に約束した事が、ある程度の年齢になったら田舎に戻って同居するという事です。

     

    大学を出る22歳の時にはそんな先の事を考えられるわけがなく、漠然と考えていました。

    最近、両親も年を取ってきたので戻ってきてほしいようです。

     

    私も戻るのが嫌なのではないのですが、このシステム開発という仕事が面白いんです。

    やはり技術系の仕事は東京のほうが多くレベルも高いです。

     

    そこで最近四国でシステムの仕事があるのか調べているところです。

     

    調べてみると意外とあるものですが、もちろん全部の会社が中途採用をしているわけではんなく、実家から通える距離を考えると相当少ないです。

     

    こちらのT-NETジャパンという会社なんかは良さそうですね。

     

    四国だとどこでも良いわけではないのですが、仕事を考えると車で1時間程度というのも考えないとです。仕事選びというのは仕事の質、役職、会社の規模、給与、福利厚生、通勤時間とありますが、今回は実家に戻る事がありますので、優先順位は通勤時間、仕事の質、福利厚生、給与、役職、会社の規模になるかと思います。ゆっくりとは言えないですが後悔しないようにしっかりとした会社を探したいと思います。

  • Filed under:
  • ん?これって、仕事を選ぶことについて結構色々な意見があるけど、どうなんだろう?

    仕事の「環境」よりも「やりがい」を重要視この国だと、基本的には「好きなことを仕事にしたほうがいい」と言われることが多いみたい・・・。

     

    2つの仕事が、給料とか人間関係とか時間とかがほとんど同じなら、好きなことに近い仕事をもちろん選びますよね。あまり好まないことを仕事にするのも普通は避けるでしょう。やっぱり仕事も好みが、選択の条件に入るし、考えるべき点にもなる。「好きなことを仕事にする」ことが幸せになるための条件とするなら、働くと言う概念とは違うのかな?仕事=働くと言う感じでなければ、色々楽になる面もあるのは本当だと思います。好きなことを仕事にしているのであれば、仕事をしていると言う感じじゃなくて、働いていると言う感覚ではありません。

     

    「天職」ってこと?なかなか出会えてないけどね。中にはいますよ「天職」に出会ってる人。周りから見てても羨ましいくらい楽しそうに働いてる人。その出会いを待ってるんじゃなくて、探しにいかなきゃいけないんだろうな。せめて「天職」とまではいかないにしても、「やりがい」を感じる仕事に出会いたいと思います。

     

    別に何も考えてないけど、暇なときネットで色んな会社情報を見ていて、株式会社 ティーネットジャパン - YouTubeの映像がちょっとぐっときました。「企業魂」というのは企業に働く人の魂ってことなのかもしれません。

    人生の中で、仕事をしている時間って結構長い。だから尚更のこと、「やりがい」の持てる仕事をしたいと思う。好きなことを仕事に持ちたいと思う。

  • Filed under:
  • ティーネットジャパンの事業は大体把握できたと思いますが、これだけの大所帯を纏めるのは一筋縄ではいきません。


    本社の高松では、どうなのでしょうか?実際の社員の個々の管理まではできず、各事業部と関連会社を管理する体制になっているのではないでしょうか?

    業務的には、どうしても社外で仕事をしている社員が多く、労務管理など細かな事は、各事業部の営業なり技術本部なりが行う体制を整えているはずです。

    グループ全体で2000人となると、ちょっと調べると北海道にある真狩村(まっかりむら)という村がありますが、ここの村民が2150名ですから、小さな自治体くらいの規模となります。

    現在、IT化が進んでいるので管理は楽なのではと思いがちですが、実際は、情報管理の為、ネット環境のない場所であったり、土木の場合は電波情報等もありますので、一概に楽になったとは言えないと思います。


    ティーネットジャパンの求人| Indeed.comを見るとやはり全国での採用となっていますから、事業所なりがそれぞれを管理する体制がきっちりと取られている様ですね。


    この様な会社は、福利厚生などはしっかりとしているので、その点を重視するのであれば持ってこいの会社です。

    また、ティーネットジャパンの事業所網を見ると本当に全国に拠点があるので、Uターン、Iターンなども視野に入れて転勤などが可能かを確認してみると家庭の事情等により現住所を離れなければいけない場合など有利に働くかもしれません。

  • Filed under: 未分類